低金利重視なら銀行カードローン

低金利重視なら消費者金融のカードローンよりも銀行のカードローンがオススメです
MENU

低金利重視なら銀行カードローン【Q&A】

信販系,カードローン,審査
人は誰でもそうですが、突然、お金が必要になって、手持ちのお金がないとあわてるものです。 そうなると、お金をどこからか借りてこないといけないわけですが、借入金利はいくらでもいいから、即貸してくれる貸金業者から借りてしまう。 あまりの高利に、利息負担が重しになり、それを返すために他の貸金業者から、またあわてて借りてしまう。 かつてよく言われたサラ金地獄に陥る人の最初のパターンは大抵がこれです。 私は大丈夫、僕は大丈夫と思っても、よほど順風満帆な人生で、お育ちの良い方以外は、一生のうち何度かは、お金がなくて困るときがあるものです。 まさかの時の備え、とはいえ出費がかさむ生命保険と違い、作るだけなら一銭もかからず、作っておくだけで、いざというときに、低利で借り入れできるのが、銀行のカードローンです。 お金が必要なときの人の心理は、とにかく即貸して入れるところですから、ついつい審査も簡単で即借りられる消費者金融には走りがちです。 無論、消費者金融でも、低い利率でキャッシングできるかもしれない業者もありますが、基本的には、銀行のカードローンの方が低利です。 例えば50万円借りて、利率差が3%あれば、5年払いだとすると、生涯利息は5万円弱も違うのです。 でも、お金が必要になってから、審査を受けるのでは時間がかかります。 そこでおすすめなのが、給与振込や公共料金支払いに利用している銀行のカードローンを、たとえその時か率必要がなくとも、とりあえず作っておくのが最善です。 作ってあれば、いざというとき、即借入することもできます。

メニュー

 

このページの先頭へ